DIYで家のネットワークをcat6aにした場合の費用はどのくらい必要か

新築時にcat6aケーブルを敷設する

持ち家のいいところの一つに、家の色々な部分を変更できるという点がある。 家を作るときに情報コンセント(モジュラージャック)を付けて、入居前に宅内LANを敷設してもらうことももちろん可能だ。 しかし家を建てるときに住宅メーカーにやってもらった場合、5箇所で10万~20万程度はかかってしまう。 更にcat6aなどは対応してくれない業者もあるので,それなら空配管だけ通しておいてもらって自分でやろう!と思った次第。

cat6aをDIYで配線する場合の費用概算

必須

cat6a ケーブル

100メートルでおおよそ1.5万円ほど。3LDK程度の家なら100メートルも要らないが、50メートルなどは見当たらないのと、空配管がどのようなルートで通っているのか建築後は把握できないため、余裕を持った長さを買った方が良い。

もっと短くても問題ないという確信があれば50メートル程度の端子のついたものを買って、端子部分を切って使う手もある。

モジュラージャックと成端補助工具

壁に情報コンセントを埋め込む。ホテルや会社の会議室などの壁にあるLANケーブルの差込口である。 日本製線という会社が出しているCat6A用JISアダプタキットが5セットで8000円程度。

cat6までであればPanasonicのぐっとす情報モジュラージャック、という有名な(そしておそらくDIYでやる人にとってはデファクトスタンダードな)ものがあるのだが、残念ながらcat6a対応は発売されていない。cat6まででOKなら一つ1000円程度で買うことができるためコストは抑えられる。

日本製線のものもパンドウィットのものも、成端補助工具があるときっちりはめ込めるのであったほうがよい。

通線ワイヤー

5000円~1万円程度。空配管の中をLANケーブルを通すための道具。

無くてもできるという人もいるが、個人的には絶対にあったほうが良いと思う。ビニールテープで通したという情報もネットで見て挑戦してみたが、空配管にうまく掃除機のノズルを当ててやって吸い込む必要があったり、空配管の角度がきついところを通すときは強く引っ張る必要がありその際途中で切れてしまうリスクがある。

通線ワイヤーならそんなリスクもないし、掃除機のノズルを頑張って当てる必要もない。

工具類

かしめ工具/圧着ペンチ(3000円~5000円程度)、皮膜剥き(2000円)、ニッパーがあればとりあえず何とかなる。

皮膜剥きは一応カッターなどでも代用できなくはないが、芯線に傷を付けたりして作業効率が悪くなるのであったほうがよい。

あると作業効率があがるもの

シリコンスプレー

LANケーブルを空配管に通線時にこれを吹き付けながら通していくと、抵抗少なくスルスル入っていくので力任せに引っ張る必要がなくなり非常に良い。 無くてもどうにかなるがあったほうが作業効率が上がる。

なお吹き付けながら通す必要があるので、LANケーブルを入れていく方に人がもうひとり必要になる。

スパイキ

LANケーブルの芯線は撚ってあるので、それをとくための道具。あれば楽だが無くてもどうにかなる。

総額

3.5万円~4万円程度となる。対応箇所が少ない場合は新築時に対応してもらったほうが安く上がるが、cat6a以上のケーブルを敷設したい、といった要望がある場合にはDIYが視野に入るかと思う。